アソコインフォ

アソコに関する不安や疑問を解消して楽しい毎日を過ごしましょう

女性 男性

男性も注意が必要なトリコモナスの症状

更新日:

トリコモナスとは性病の一種ですが、女性には激しく多様な症状が現れるのに対して男性の症状はよく知られていません。しかし約9割が自覚症状がなく、放っておくと前立腺がんのリスクが高まってしまいます。ここでは男性のトリコモナスの症状をおもにご紹介します。

男性と女性のトリコモナスの症状の違い

女性がトリコモナスにかかると、泡状の臭いの強いおりものが出たり、膣の強い痛みやかゆみなどが現れトリコモナス腟炎と診断されます。
男性の場合は尿道から膿が出たり、排泄時の痛み、性器のかゆみなどが症状として出てきます。なので非淋菌尿道炎と診断される場合が多いです。男性がトリコモナスにかかってもはっきりとした症状が出ることがなく、3週間前後で症状が消えてしまうことから気づかない人や受診しない人も多いです。
しかし治療をしないとトリコモナス原虫は体内に生存し続けるため、抵抗力が低くなってくると症状が現れる場合が多いです。トリコモナスが自然完治することはないので、違和感や症状から「おかしい」と感じたら受診した方が自分のためにもパートナーのためにも安心です。

 

トリコモナスはどうやって感染するのか

主にトリコモナスは性行為により感染します。女性は膣や子宮の入り口、男性は前立腺や精のうに寄生するトリコモナス原虫が精液や腟分泌液を通して感染します。また、原虫のため、性行為がなくてもタオルや便器、浴槽での感染の可能性もあり、小さい子供や経験のない女性に感染することもあり注意が必要です。

 

トリコモナスを放っておくとどうなる?

男性は自覚症状がなく、放っておいても症状が治まることから受診しない人も多いです。しかしこれがトリコモナスを広めてしまうことにも繋がります。
トリコモナスの潜伏期間は約10日ですが、3日で発症する人もいれば1ヶ月かかって発症するなど個人差があります。気を付けたいのは潜伏期間でも感染力がある、ということです。症状がないからと性行為を続けていると相手にうつしてしまう可能性が高いです。女性の方が症状が出やすいためその多くが治療をしますが、男性も治療をしなければまた感染することにもなりかねません。自覚症状がなくてもパートナーに症状が現れた場合は同時に男性も受診し治療する必要があります。

 

トリコモナスの治療方法とは

トリコモナスは原虫のため治療が必須です。男性は尿道炎のため、泌尿器科で治療が可能で、処方箋による薬物療法になります。
主に錠剤の内服薬での治療になりますが、ひどい場合は外用薬を使用することもあります。治療期間は1週間前後で、基本的には薬の服用を忘れないこと、性行為の禁止、大衆浴場の利用の制限などがあります。
完治したかどうかは薬の服用後の検査で判断します。薬がなくなったから大丈夫、ではなく、病原菌が残っていると再発の可能性もあるのでしっかり検査を受けましょう。

 

トリコモナスの症状が出たら早めの検査を

トリコモナスは男性と女性で症状が異なり、感染力が強いわりに男性は症状が出にくく見落としがちな厄介な性病です。病原体は水があればしばらくは生存できるため、トイレやプール、大衆浴場などでも感染する可能性があり注意が必要です。
自然治癒は期待できないので自分のためにも周りの人のためにも、少しでもおかしいと感じたら検査するようにしましょう。

 

 検査キットを使用すれば自分でも検査できる

どうしても医師に性病の可能性を相談することに抵抗があるのなら、市販されている検査キットを使って自分で検査することもできます。誰にも知られずに、手軽に検査できる点で検査キットを使用することは魅力的です。しかし、検査キットでも診断はあくまで自己判断になりますので、検査結果が正確でないこともあり得ます。

---------------------------------------------------------------
【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!
---------------------------------------------------------------

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。
特に梅毒の感染者数は、ここ数年で爆発的に増えています。

代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
性経験がある一般の高校生で、女性13.1%、男性6.7%が
感染しているとの報告もあります。

◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、
知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。

◆HIV(エイズ)感染も性感染症です。
HIV(エイズ)、は治療の進歩で死に至る病ではなくなりました。
早期に発見して早期に治療を始めることの重要性が
ますます高まっています。

◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく
誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、
ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。
自宅で採取した検査物(尿・腟分泌液・血液)をポストに投函し、
到着したら結果は最短翌日。
プライバシー重視の完全匿名検査。あなた専用の画面で
専門員が丁寧にフォローします。

◆検査は登録衛生検査所の自社ラボ、高水準の検査を実施しています
---------------------------------------------------------------
豊富な検査項目。様々なニーズに対応しています。
◆クラミジア◆淋菌◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)
◆HIV(エイズ)◆梅毒◆B型肝炎
◆マイコプラズマ◆ウレアプラズマ
◆トリコモナス◆カンジタ◆一般細菌◆ヒトパピローマウイルス
◆C型肝炎
---------------------------------------------------------------
→検査商品のご購入はこちら

-女性, 男性
-, ,

Copyright© アソコインフォ , 2018 All Rights Reserved.