アソコインフォ

アソコに関する不安や疑問を解消して楽しい毎日を過ごしましょう

女性 男性

実は男性にも見られる、カンジダの症状をチェック

更新日:

カンジダは5人に1人の女性が罹患するとされるため女性特有の病気と思われがちですが、少ないとはいえ男性も発症する可能性がある病気です。性器や周辺部位に違和感がある、という方はぜひカンジダの症状・特徴をチェックしてください。

性器カンジダ症とはどんな病気?

性器カンジダ症とは、真菌(カビ)が性器や性器付近の皮膚に棲みつき、菌が繁殖することによって皮膚炎など皮膚トラブルが起きる病気です。女性の場合はデーデルライン桿菌と呼ばれる菌が、男性の場合はカンジダ・アルビカンスと呼ばれる菌が原因菌となります。これらの菌はニキビを引き起こすアクネ菌などのように、皮膚に常に存在する「常在菌」と呼ばれるもので、体調不良・肉体疲労など常在菌のバランスの崩れが発症の主な原因です。

 

男性における性器カンジダ症の症状について

先述の通りカンジダの原因菌は常在菌であり、通常はなかなか発症することはありません。男性が症状を訴えるケースは少ないですが、包茎であったり糖尿病・消耗性疾患を患っている男性、ステロイド剤を使用している男性が発症しやすいとされています。
主に見られる症状は、亀頭部・包皮部に白色苔(白いカス)や、患部のカサつきが見られるといった「亀頭皮膚炎」です。皮膚表面のこれらの異変に加えて、患部のかゆみや発赤・湿疹、小水疱やびらんなども同時に見られることもあります。

 

カンジダ症を放置するとどうなる?

症状が軽いうちは皮膚のカサつきや白い苔のようなものが見られるだけですが、しだいにかゆみを伴い小膿疱や湿疹、ただれなどへと発展します。さらに進行すれば、カンジダの原因菌が尿道に侵入して尿道炎へと悪化してしまいます。
性病は性交渉が原因と思われがちですが、性器カンジダ症に関しては皮膚表面に棲まう常在菌のバランスの崩れであるため、菌を繁殖させやすい環境や体力の低下などが原因です。細菌は高温多湿な環境を好むため、雑菌が溜まりやすい包茎の方に多いのはそのためです。他にも、抗菌剤やステロイド剤の服用など、普段投与している薬によるものも考えられます。

 

カンジダ症の治療法について

女性の治療と同じく、軟膏・クリームタイプの抗真菌薬を塗布するのが主な治療法です。ドラッグストアなどでも入手することができますが、体質や症状に見合った薬を確実に選択しないと、せっかく投薬しつづけても一向に改善されない場合もあります。違和感を覚えたら、専門医のもとを訪れ治療を受けた方が確実です。

 

性器カンジダ症とおぼしき症状が見られたら、すぐに検査を

同じ真菌が原因である水虫とは異なり、患部が性器付近ということで恥ずかしく思う方もいるかもしれません。しかし、性感染症は現代では誰でも感染する可能性がある病気です。性器カンジダ症と思われる症状が見られた場合はもちろん、少しでも性器やその周辺に異常が見られたら、症状を悪化させないためにも早期の段階で検査しましょう。

 

 検査キットを使用すれば自分でも検査できる

どうしても医師に性病の可能性を相談することに抵抗があるのなら、市販されている検査キットを使って自分で検査することもできます。誰にも知られずに、手軽に検査できる点で検査キットを使用することは魅力的です。しかし、検査キットでも診断はあくまで自己判断になりますので、検査結果が正確でないこともあり得ます。

クラミジア・梅毒・エイズ・淋菌・カンジダ・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシーも万全です。

-女性, 男性
-,

Copyright© アソコインフォ , 2018 All Rights Reserved.