アソコインフォ

アソコに関する不安や疑問を解消して楽しい毎日を過ごしましょう

女性 男性

感染しやすいB型肝炎は治すのが困難?

投稿日:

性行為で感染する病気の一つに、B型肝炎が挙げられます。性器に異常が見られることはありませんが、性交経験が多い人は体調が優れないときにこの病気も疑ったほうがいいかもしれません。それでは、B型肝炎の詳しい症状や治療法などを詳しく見ていきましょう。

B型肝炎の感染経路と症状

B型肝炎はお風呂やプールなどでは感染しませんが、ディープキスを含む性行為での感染に注意が必要です。性行為で感染した場合2~6週間で、注射などで感染した場合数日~数週間で血中にHBs抗原ができ、検査すると陽性反応が出ます。
自覚症状は倦怠感や食欲不振、発熱で、中には赤褐色尿や黄疸が出る人もいます。でも無症状の人も珍しくありません。多くは急性肝炎なので、自覚症状は治まっていき治癒します。

 

慢性になる場合も

性行為の多様化が進み、昔と違ってB型肝炎ウイルス(HBV)のA型の遺伝子型に感染する人が増加傾向にあります。これに感染すると、慢性肝炎になりやすいです。こちらも急性肝炎同様無症状のことがあり、それを無症候性キャリアと呼びます。症状が治まったり急変したりと症状の出方は様々ですが、いずれ肝炎を起こし、可能性は低いものの肝硬変や肝細胞癌に繋がっていくこともあります。

 

B型肝炎の検査方法

B型肝炎の検査は、血液を採取してHBs抗原の有無を調べます。これで陽性反応がでれば感染は確実です。そしてさらにHBe抗原とHBe抗体を調べ、他の人へ感染する可能性があるかどうかを判断します。感染の可能性が低いだろうと思われたときも、まれに急変することもあるので、定期的な血液検査や超音波検査などの画像検査が必要です。
それから、肝炎の程度を調べる肝機能検査が行われるほか、特に慢性肝炎の人に対しては肝生検が行われます。

 

B型肝炎の治療

ほとんどの人が急性のB型肝炎なので、無治療で対応されます。でも安静にしていることが大切なため、入院しての経過観察が基本です。万が一劇症化が起こった場合は、抗ウイルス薬の投与や血漿交換、血液透析などが行われます。
一方、慢性のB型肝炎では、注射薬によるインターフェロン療法と、内服薬となる核酸アナログ製剤による治療が行われるのが一般的です。しかし現在のところ、これらの治療で根治することは難しいとされています。

 

B型肝炎はワクチンで予防できる

B型肝炎は無症状のことも珍しくなく、根治が難しい病気です。性交経験が多い人やパートナーがキャリアの人は検査したほうがいいでしょう。
また予防策としては、B型肝炎ワクチンの接種が有効です。4~6ヶ月の間にワクチンを3回接種することで免疫ができます。この効果は15年ほど持続し、20代までに受けておくことが推奨されています。心配な人は検査や予防接種をしてみてはいかがでしょうか。

 

 検査キットを使用すれば自分でも検査できる

どうしても医師に性病の可能性を相談することに抵抗があるのなら、市販されている検査キットを使って自分で検査することもできます。誰にも知られずに、手軽に検査できる点で検査キットを使用することは魅力的です。しかし、検査キットでも診断はあくまで自己判断になりますので、検査結果が正確でないこともあり得ます。

 

--------------------------------------------------------------------------------
【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!
◆性病検査 STDチェッカー◆
--------------------------------------------------------------------------------
STDチェッカー おすすめポイント
・匿名でできる性病検査、プライバシー重視で安心です。
・あなたとつながる、医療へつなぐ。丁寧なサポート体制があります
・登録衛生検査所、自社ラボで高水準の検査を実施しています。
--------------------------------------------------------------------------------

-女性, 男性
-,

Copyright© アソコインフォ , 2018 All Rights Reserved.